トップイメージ

破産の申告は自身の都合で一部分の貸与金を除いての手続はできませんので住宅ローンあるいは連帯保証人が付いている負債を外した自己破産に関する手続きはできないのです。76-1-31

ローンが存在するときに申請をしたらマイホームは押収されてしまいますのでローンを支払い続けながら(持ち家を住居としながら)負債を整理したい際には民事再生という申込方法を選ぶと良いでしょう。76-15-31

ところで連帯保証人の付いている借入金が片付いていない時には債務をもつ人が自己破産の申請をしてしまった場合保証人のところに直接返済請求書が送付されてしまいます。76-6-31

また、所有中の資産(駐車場、マイカー、証券ないしは災害保険といった類いのもの)に関しては、回収対象となってしまう故なるべく持ち続けたい財貨がある場合や、自己破産の申立てをしてしまうと仕事ができなくなる専門的資格で給料を得ている人の場合他の負債整理の選択肢(債権者との和解による任意整理あるいは特定調停手続など)を考えなければいけないでしょう。76-10-31

あるいは、ギャンブルや乱費といった原因で借金を作ったケースだと最大の関心事である免責(貸与されたお金をなかったことにしてしまう)が受理されないことが想定されますから異なった借金整理のやり方(特定調停、任意整理、民事再生)といったことも視野に入れて考えていくことが必要になることもあると言えます。76-17-31

76-18-3176-12-3176-9-3176-19-3176-8-31

サイトMENU

Copyright © 1998 www.beatrixmyst.com All Rights Reserved.