トップイメージ

特許申請を経験する機会には、どんなものがあるでしょうか?私の場合は、「信じられないタイミング」でそれが訪れました。イミグラン

社会人一年目にして、まさか「特許申請」を任されることになるとは。若はげ アゲインメディカルクリニック

どうしたらいいかわからない場合はPCTのサイトをご覧ください。スーツカンパニー フォーマル

何故新入社員の私が「特許申請」の担当になったのか。ダイエットエステ 京都府

そこには会社の事情がありました。ナースセンター/高松市/看護師/募集

私が当時働いていた会社は、従業員10名ほどの製造業の会社でした。プロアクティブ+自販機場所まとめ!値段は?【東京・大阪…】

それまでは、特許申請の経験を持たない会社でした。ニューカレドニア旅行 旅費

その会社は久しく新規採用をしておらず、約20年ぶりに新規採用されたのが私でした。セミントラ 販売

そうです。イビサクリーム

担当を任されたその理由とは、若かったから。oneエモリエントリッチ 口コミ

一応大卒で研究経験がある、という理由も一つの理由だったのだとも思います。

ですが、誰もやったことがない「特許申請」という作業は、50歳を超えたベテラン技術者の先輩方には、初めて経験することとしては恐らく非常に大変なことだったのでしょう。

そこで白羽の矢が立ったのが私でした。

今思えば、あの「特許申請」があったから、20年ぶりに求人をしたのかもしれません。

誰も聞ける相手が社内にいないまま、私の「特許申請」は始まりました。

外部の弁理士さんとのやりとりで、色々と教えて頂くことも出来ましたが、ほぼ作業は自身で行わなくてはなりませんでした。

過去の特許情報などを調べたり、必要な書類を準備するために情報を揃え、独特の文章形式に合わせ、特許内容の説明をまとめました。

最終的に、当初の予定より時間はかかってしまいましたが、素人同然、というかむしろ素人の私による「特許申請」は無事に終わりました。

私は、あなたがもし新規性のある技術を見出したその時、もしその技術を守りたいとするならば、何もわからなくても、特許申請に着手することを絶対にお勧めします。

なぜなら、素人の私でも特許をとれたから。

そして、技術を守ることができたから。

特許はきっと取れるものだ!と信じてまずは行動してみて下さい。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.beatrixmyst.com All Rights Reserved.