トップイメージ

クルマを所有している人は知っているはずですが、自動車税という税金が課税されます。全身脱毛 池袋

そしてこれは手放すクルマ売却の際に当たり前に還ってくるものなのです。バブリアボディ

これというのは現実にやってみたらすぐ頭に入ってきますが、では最初から順に出来るだけわかりやすく案内します。コンブチャクレンズ

当たり前ですが記載しておけば、日本で生産されている自動車だけに限らずイタリア車などでも税が還ってくることに決まっています。リプロスキン

愛車も当てはまります。ドクターデキスギ

自動車税という税金は自動車を持っている人が支払う税金なのですが、税額はクルマの排気量の大きさによって規定されています。スマホ依存症 対策

1リッターより低いならば29500円で、1リッターから1.5リッターの場合34500円。

これ以上は500cc刻みで5000円ずつ増加していきます。

そしてこの金額は4月1日の時点で車を所有している人が、今年度の税金を払う義務があります。

ということは事前納付になるということですので勿論ですが車を売ってしまって所有者でなくなったケースなどは先払いした分の税は還付される事を意味します。

自動車税というのは事前納付でその年度の全額を納めますので、年度内に自動車を売ったときは新しいオーナーがこの税を納めなければいけないのです。

売却相手が中古車買い取り専門店の場合は、引き取り時に所有者が払いすぎた金額を返還してくれます。

所有権が移転された瞬間より後の税金は入れ替わったオーナーが支払い義務を負います。

もし自分が10月に愛車を引き取ってもらったのであれば11月から次の年の3月いっぱいまでの税額は還付されます。

というのは前述した通り自動車税の場合は前払いであるということからも明らかです。

つまり前オーナーは買取先に税金を返金してもらうということです。

業者を介さずにクルマを売買するときに、何気にこの事実に気づかない人がいますので、きちんと確認をとるようにしましょう。

自動車税が自動車を売った際に返ってくることをあまり知っている人が少ない事をいいことに、そのことを悪用する買取業者も存在します。

こちらから返金について言わなければ全然そのことについて説明しないという場合も結構聞かれます。

ですから車の買い取りをお願いするさいには、払いすぎたお金が返ってくるかどうかの確認をおろそかにしないようにしなければなりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.beatrixmyst.com All Rights Reserved.